目次へ

2. GOPATH

2.1 GOPATH

Go言語のワークスペースは GOPATH という環境変数で指定します。
GOPATHは任意のディレクトリを指定できます。
Go言語ではこの GOPATH がパッケージ管理やツールインストールなどで基準となります。

GOPATHとして使用するディレクトリを作成します。

$ mkdir $HOME/go

作成したディレクトリを環境変数GOPATHに設定します。

$ export GOPATH=$HOME/go

go get や go install などでツールをインストールすると、
$GOPATH/bin に実行可能ファイルが設置されるので環境変数PATHに追加しておきます。

$ export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

2.2 GOPATH のディレクトリ構成

GOPATH は3つのディレクトリから成り立っています。

  • src : ソースファイル群
  • pkg : パッケージオブジェクト
  • bin : 実行可能ファイル

実際のディレクトリは以下のようになります。

bin/
    hello                          # 実行可能ファイル
pkg/
    darwin_amd64/
        github.com/golang/example/
            stringutil.a           # パッケージオブジェクト
src/
    github.com/golang/example/
        .git/                      # Gitリポジトリメタデータ
        stringutil/
            reverse.go             # パッケージソースファイル
            reverse_test.go        # テストソースファイル
    hello/
        hello.go                   # ソースファイル

2.3 作業ディレクトリの作成

さて、実際にこれからソースコードを書くためのディレクトリを用意します。
作業するディレクトリはGOPATH の src ディレクトリに用意しましょう。
ここではGitHubで管理している前提です。このリポジトリは例のため実在しません。

$ mkdir -p $GOPATH/src/github.com/user/hello

作成したディレクトリ直下にhello.goを作成します。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Println("Hello, Gopher")
}

go install でビルドしてみましょう。

$ go install github.com/user/hello

go install で $GOPATH/bin/hello が作成されます。
実行してみます。Hello, Gopher と表示されれば成功です。

$GOPATH/bin/hello

実行結果

Hello, Gopher

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ