目次へ

2.3. out/request/response

「out」はJSPページにおいて出力に使用されます。サーブレットにおける「java.io.PrintWriter」と使用方法は同じです。また以下の2つのサンプルは、実質的に同じです。JSPページから変換されるサーブレットプログラムがほとんど同じになります。

<% int i=10; %>
<%=i %>
<% int i=10; %>
<% out.print(i); %>

「request」「response」はそれぞれ「HttpServletRequest」「HttpServletResponse」のインスタンスです。リクエストのパラメータやレスポンスのヘッダーを設定するのに利用します。使い方はサーブレットの時と同じです。ただし「HttpServletResponse」の「getWriter」や「getOutputStream」の返り値を用いて、出力を行わないで下さい。コンテナによってはエラーの原因になります。

<% String name=request.getParameter("name"); %>
<% response.addCookie(new Cookie("name",name)); %>

(実習課題2)

サーブレット5章の実習課題3を改良しなさい。

  • サーブレットで作成している「入力ページ」「出力ページ」を、JSPページに変更する事。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ