目次へ

16.3. javax.swing.event.InternalFrameListener

内部フレームがアクティブになった時やクローズされた時に発生するイベントを、処理するイベントリスナーが提供されています。「InternalFrameListener」です。以下の7つのメソッドがあり、それぞれ該当する場合に呼ばれるようになっています。

internalFrameActivated 内部フレームがアクティブになった場合に呼ばれます。
internalFrameClosed 内部フレームがクローズされたときに呼ばれます。
internalFrameClosing 内部フレームがクローズされようとするときに呼ばれます。
internalFrameDeactivated 内部フレームがアクティブな状態から解除されたときに呼ばれます。
internalFrameDeiconified 内部フレームがアイコン化された状態から解除されたときに呼ばれます。
internalFrameIconified 内部フレームがアイコン化されたときに呼ばれます。
internalFrameOpened 内部フレームがオープンされたときに呼ばれます。

いずれも「javax.swing.event.InternalFrameEvent」オブジェクトを引数に取ります。このオブジェクトで、どの内部フレームがイベントの発生元か識別する事ができます。

実はこのイベントリスナーは「java.awt.event.WindowListener」とほとんど同じ内容となっています。「WindowListener」は「JFrame」に対するイベントを処理するリスナーです。

ちなみに「InternalFrameListener」は「InternalFrameAdapter」、「WindowListener」は「WindowAdapter」を用いてプログラムを作成するのが一般的です。

(実習課題3)

実習課題2のプログラムを改良しなさい。

  • 内部フレームを作成する際、フレームのタイトルも指定できるようにする事。
  • アプリケーションフレームのタイトルを、現在アクティブな内部フレームのタイトルと同じにする事。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ