目次へ

2.2. ボタン

この節ではボタンをウィンドウに追加します。

import javax.swing.*;
import java.awt.BorderLayout;
  
public class ButtonFrame extends JFrame{
  public ButtonFrame(){
    super("button frame");
    setDefaultCloseOperation(EXIT_ON_CLOSE);
    
    JLabel label=new JLabel("This is a label");
    getContentPane().add(label,BorderLayout.CENTER);
    
    JButton button=new JButton("button");
    getContentPane().add(button,BorderLayout.SOUTH);
    pack();
  }
  
  public static void main(String args[]){
    new ButtonFrame().setVisible(true);
  }
}

基本的な方法はラベルの追加と同じです。アイコンを含んだボタンを追加する事もできます。ボタンを押したときの動作の指定については、後の章で説明します。

サンプルプログラム実行の図2-ラベル-

(実習課題2)

サンプルプログラムを改良しなさい。

  • ボタンにアイコンを含ませる事。
  • ボタンのサイズをアイコンのちょうど2倍になるようにする事。
  • (ヒント)「setPreferredSize」メソッドを使用する。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ