4日間のインターンシップに参加しました


はじめに

はじめまして、現在大学3回生の後藤隆一です。

私は2月6日から2月9日の4日間、シナジーマーケティング株式会社さんのインターンシップに参加させていただきました。

そして今回、インターンシップで何をしたのか、4日間を通してどのような経験をしたのか等、書かせていただきます。これからインターンシップの参加を考えている方の参考になることが出来たらとても嬉しいです。

参加したきっかけ

私がシナジーマーケティング株式会社さんのインターンシップに参加するきっかけとなったのは私が所属している大学のゼミに企業説明でお越しいただいたことです。

今まで他の企業さんの説明を受ける機会が何回かあったのですが、正直どれもピンと来ず、就職活動を目前に控えてどうしようと悩んでいる中、顧客との関係を管理するマネジメント手法であるCRMを行っているという事業内容、そして、ITを中心とした高品質サービスの提供を通じて、幸せな情報社会の実現に貢献する。という企業方針に惹かれたのと同時に是非ともインターンシップに参加したいと思いました。(贔屓にしてるサッカーチームのメルマガ配信に携わっていることに一番惹かれたのは内緒です。)

インターンシップのスケジュールと内容

午前9時に作業を始めて午後6時に終わるというのが基本スケジュールです。インターンシップの主な内容はプログラミング課題と、社員の方との日々のアウトプットを兼ねたミーティングです。

朝の満員電車に揺られ、実際の仕事現場でプログラミング課題に取り掛かり、会議室でミーティングをしていると2日目くらいから、実は自分はもうサラリーマンなのではと感じるようになりました。

↓下記が4日間のスケジュールとなります

▼1日目

初めに人事の方と会社やインターンシップについての概要説明をお伺いした後に、社内見学でこれからお世話になるプロダクト開発部の社員の方と自己紹介をしました。

午後からは必要な環境設定をしてからRubyという言語を使ってプログラミング課題を進めていきました。また、途中でシナジーマーケティング株式会社の事業内容について詳しく説明をしていただき、曖昧だったシナジーマーケティング株式会社の仕事内容のイメージが固まりました。夜にはインターンシップ生のために懇親会を開いてくださりました。

▼2日目

引き続きRubyを使ってプログラミング課題に取り掛かりました。思うように課題が進まなくて、今までプログラミングから逃げ続けた自分を呪いましたが、グーグルで調べたり、社員の方に助けていただきながら進めることが出来ました。午後には社員の方によるグループミーティングで自身のインターンシップ課題進歩について発表をしました。

知らない用語がたくさん飛び交う中での発表はすごく緊張しましたが、実際の仕事の雰囲気を感じることが出来て良い経験になりました。その後に社員の方が先ほどのグループミーティングで気になった用語についての質問会を開いてくれました。

▼3日目

ここにきてやっと今回のインターンシップのメイン課題である「お花見の登録フォーム作成」に取り掛かりました。Ruby on Railsを資料を見ながら使って進めました。結果として完成できませんでしたが、Railsアプリケーションの全体的な仕組みであるMVC (model-view-controller) というアーキテクチャーを学べたのが大きかったです。また、シナジーマーケティング株式会社のCRMシステムである Synergy!を実際に利用してメルマガ配信の流れを体験させていただきました。

▼4日目

TECHSCORE BLOGに今回のインターンシップについて書かせていただきました。この記事を書いていてインターンシップが徐々に終わりに向かっているのを感じ、寂しい気持ちになりました。

インターンシップに参加して

私は4日間のインターンシップに参加する中で非常に貴重な経験をさせていただきました。就職活動を控えているのに今までの学生気分が抜けず、ずっと漠然としていた「働く」とはどういうことか、そのイメージがインターンシップを通じて具体的に感じ取ることが出来たと思います。

また会社の仕事現場では1つのプロジェクトを完成させるために営業、開発などの各部署が連携し、共通の意識を持って作り上げる、会社組織が運用されていく中で大事なものを間近に見ることができました。

また、今回のインターンシップで一番の学びとなったのは目的と目標の設定をすることが大事だということです。自分が成し遂げたい目的を達成するためには何が必要で何をすれば良いのか、そのために目標を設定し、解決することで目的を達成することが出来る。これは今後の人生において重要な学びであり、常に意識していきたいと思います。

最初は不安で仕方なかったインターンシップですが、振り返ってみると非常に充実した4日間であり、終わるのは寂しいですが私にとって大きな財産になりました。

今回、インターンシップに参加するきっかけを与えてくださった人事の伊藤さん、お昼ご飯や懇親会でお話させていただいた社員の方々には温かく迎えていただき、タメになる社会の事や仕事の話をたくさんしていただきました。聞いていてとても勉強になりました。これからの就職活動に活かしたいと思います。ありがとうございました。

そして何より今回のインターンシップを担当してくださった一松さん、鎌田さんには大変お世話になりました。初めてのインターンシップで何も分からない、プログラミングもほぼ出来ないダメダメな私をフォローアップして、たくさん助けていただきました。お昼ご飯に他の社員さんとの交流の場を設けてくれたり、失礼な質問や要望にも答えてくれたり、学んだことのアウトプットの機会を用意してくれたりと、私がインターンシップをここまで充実したものに出来たのは、お二人方のおかげです。本当にありがとうございました。

もしインターンシップに参加するか迷っている方は是非とも参加してほしいです。貴方にとって一生分の財産になることは絶対に間違いないです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です