目次へ

13. validatorで提供されている検証ルール

13.1. 提供されている検証ルール

この章では、Strutsのvalidator機能で提供されている、検証ルールについて説明します。validator機能で独自の検証ルールを追加することも可能ですが、通常はデフォルトで提供されているものを利用します。まず以下に検証ルールの一覧をまとめます。ルール名は、validation.xmlの<field>要素のdepends属性で指定する値と考えてください。

required 値が設定されているかどうかチェック。設定されていなければエラー。
requiredif

他のフィールドのパラメータが指定した条件を満たした場合のみ、値が設定されているかどうかチェック。設定されていなければエラー。

minlength 文字列の長さが、一定の長さ以上かチェック。それよりも短ければ、エラー。
maxlength 文字列の長さが、一定の長さ以下かチェック。それよりも長ければ、エラー。
mask 値が指定した正規表現にマッチするかどうかチェック。マッチしなければエラー。
byte 値がbyte型整数かどうかチェック。整数でなければエラー。
short 値がshort型整数かどうかチェック。整数でなければエラー。
integer 値がint型整数かどうかチェック。整数でなければエラー。
long

値がlong型整数かどうかチェック。整数でなければエラー。

float 値がfloat型浮動小数点数かどうかチェック。浮動小数点数でなければエラー。
double 値がdouble型浮動小数点数かどうかチェック。浮動小数点数でなければエラー。
date 値が日付を表す文字列かどうかチェック。日付でなければエラー。日付のフォーマットを指定することも可能。
intRange 値が指定した範囲内の数値であるかどうかチェック。最大値と最小値を指定。
floatRange 値が指定した範囲内の浮動小数点数かどうかチェック。最大値と最小値を指定。
creditCard 数値列が正しいクレジットカード番号かどうかチェック。クレジットカード番号でなければエラー。
email 文字列がメールアドレスかどうかチェック。メールアドレスでなければエラー。

以降、それぞれのルールの使い方について説明します。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading