目次へ

18. Tiles

18.1. org.apache.struts.tiles

「org.apache.struts.tiles」パッケージで提供されている「Tiles」は、「Tile」と呼ばれる、再利用可能な部品を組み合わせたようなHTMLの作成を支援する機能です。例えば、どのページも以下のようなレイアウトで構成されており、「コンテンツ」の部分だけ変化するようなホームページを考えます。Tilesはこういったホームページの作成を支援するものです。この例では、「ヘッダー」「メニュー」「コンテンツ」「フッター」に当てはまる部品がTileという事になります。

ヘッダー

メニュー コンテンツ
フッター

Tilesの機能を使用するには、Struts設定ファイルに、以下のように「org.apache.struts.tiles.TilesPlugin」の設定を追加します。

<struts-config>
  ...
  <plug-in className="org.apache.struts.tiles.TilesPlugin">
    <set-property property="definitions-config"
                  value="/WEB-INF/tiles-defs.xml" />
  </plug-in>
</struts-config>

TilesPluginに設定できるプロパティには幾つかありますが、ここでは「definitions-config」だけを設定して下さい。これはTiles設定ファイルの場所を、アプリケーションルートからのパスで指定するものです。複数Tiles設定ファイルがある場合には、「,」で区切ります。ここでは「WEB-INF/tiles-defs.xml」を指定しています。もしこのプロパティを省略した場合には、「/WEB-INF/instanceDefinitions.xml」が指定されたことになります。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading