目次へ

1. JSPの基本

1.1. JSPとは

JSP(Java Server Pages)はHTMLページの中にプログラムを埋め込むタイプのスクリプト言語です。よく似た言語にASPやPHPがあります。それのJavaバージョンと考えれば良いでしょう。以下はJSPのサンプルです。

<%@ page contentType="text/html; charset=EUC-JP" import="java.util.*" %>
<html>
  <head><title>JSP Sample</title></head>
  <body><p>現在の時刻は<%=new Date() %>です。</p></body>
</html>

JSPもServletと同じくJ2EEコンテナによって実行されます。どのように実行されるかについては次節で説明しますが、基本的にServletを実行できるコンテナはJSPも実行できます。ここではServletの章と同じく、Jakarta Tomcatを用いて説明します。

JSPをTomcat上で実行する場合の設定は簡単です。WWWアプリケーションの実行ディレクトリの設定以外に必要ありません。WWWアプリケーションディレクトリ以下に、「*.jsp」という名前でJSPファイルを保存しておくと実行する事ができます。例えばServlet1章と同じく「/home/tomcat/sample」にWWWアプリケーションを作成するとすると、以下のようにTomcatの設定を行います。

 <Server port="8005" shutdown="SHUTDOWN" debug="0">
   <Service name="Tomcat-Standalone">
     <Connector className="org.apache.coyote.tomcat4.CoyoteConnector"
                port="8080" minProcessors="5" maxProcessors="75
                enableLookups="true" redirectPort="8443"
                acceptCount="10" debug="0" connectionTimeout="60000"
                useURIValidationHack="false" />
     <Engine name="Standalone" defaultHost="localhost" debug="0">
       <Logger className="org.apache.catalina.logger.FileLogger"
              prefix="catalina_log." suffix=".txt"
              timestamp="true"/>
      <Realm className="org.apache.catalina.realm.MemoryRealm" />
      <Host name="localhost" debug="0" appBase="webapps"
            unpackWARs="true">
        <Valve className="org.apache.catalina.valves.AccessLogValve"
               directory="logs"  prefix="localhost_access_log."
               suffix=".txt" pattern="common" />
        <Logger className="org.apache.catalina.logger.FileLogger"
                directory="logs"  prefix="localhost_log." suffix=".txt"
                timestamp="true" />
        <Context path="/sample" docBase="/home/tomcat/sample" reloadable="true">
        </Context>
      </Host>
    </Engine>
  </Service>
</Server>

「/home/tomcat/sample」直下に「sample.jsp」ファイルを置いたとすると、

http://***/sample/sample.jsp

というURLで実行させることができます。「test/」というディレクトリの下に置いた場合は、

http://***/sample/test/sample.jsp

となります。

(実習課題1)

サンプルプログラムを実行させなさい。

 

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ