目次へ

3. アクション

3.1. アクション

JSPではスクリプトだけでなく、「アクション」と呼ばれる独自のタグを用いてオブジェクトを生成したり、リソースを読み込んだりすることができます。JSP1.2では以下の7つのアクションが定義されています。この章ではこれらのタグについて説明します。

  • <jsp:useBean>
  • <jsp:setProperty>
  • <jsp:getProperty>
  • <jsp:forward>
  • <jsp:include>
  • <jsp:param>
  • <jsp:plugin>

アクションで実現できる事はスクリプトでも可能なので、アクションを使用せずにJSPページを作成する事は可能です。しかしデザイナーなどプログラマ以外の人々にはJavaコードが直接記述されるスクリプトよりも、これらXML形式のタグの方が理解しやすいとされています。分業の観点からもスクリプトの使用は必要最小限にとどめ、アクションタグを使用するようにしましょう。

 

また、JSP2.0より新たにいくつかのアクションタグが追加されました。

  • <jsp:attribute>
  • <jsp:body>
  • <jsp:doBody>
  • <jsp:invoke>
  • <jsp:element>

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ