目次へ

2. 参照メソッドのテスト

 この章では、データベースのテーブルを参照し値を取得するメソッドの単体テストを作成する方法を説明します。

2.1 参照メソッドのテスト

「参照メソッド」とは、データベースでselect文を実行し、取得した値をインスタンス変数やクラス変数などに設定する処理を行うメソッドです。

ここでは、AcceptOrderBeanクラスのloadByO_num メソッドを例に挙げます。loadByO_numインスタンスメソッドは、プライマリーキー「o_num」でAccept_orderテーブルを検索します。(accept_orderテーブルの構造については、ここを参照してください。)取得したデータをカラムと同じ名前のインスタンスフィールドに設定します。

例えば、loadByO_num("5001")を実行した場合、accept_orderテーブルを検索し、o_num="5001"となるようなデータを取得します。

o_num c_num p_num dc_rate option_price employee accept_date
5001 1000 501 5 30 101 2004-01-01

上のようなデータがテーブルに登録されていると、AcceptOrderBeanのc_numフィールドの値は1000、p_numフィールドの値は501になるはずです。

参照メソッドの単体テスト作成の流れは、以下のようになります。

  1. テストデータを作成する
  2. 単体テストクラスを実装する。まず、setUpメソッド内で、テストデータをテーブルに挿入する。
  3. テストメソッドを実装する。
  4. tearDownメソッド内で、テストデータをテーブルより削除する。
  5. 単体テストを実行する。

それでは、loadByO_numメソッドのテストを例に各手順について詳しく見ていきましょう。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ
Loading