目次へ

3.8. <jsp:element>

<jsp:element>はXMLに指定した要素を追加するアクションタグです。

属性名 必須 スクリプト
可能
説明
name   追加する要素の名前を指定します。

例えば、出力するXML文書に<font color="red">赤</font>という要素を出力するならば次のようになります。

<jsp:element>
    <jsp:attribute name="color">red</jsp:attribute>
    <jsp:body>赤</jsp:body>
</jsp:element>

<font color="red">赤</font>に変換されて出力されます。

<jsp:element>を用いてアクションタグを呼びだすことは出来ません。

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ