目次へ

11. ダイアログ

11.1. javax.swing.JDialog

「JDialog」はダイアログを表示するクラスです。インスタンスの作成方法は以下の通りです。

JDialog dialog=new JDialog(frame,"warning",true);
「JDialog」イメージ

1つ目の引数はダイアログの親フレームまたは親ダイアログを指定します。2番目の引数はタイトル、3番目の引数はモーダルかどうかを指定します。モーダル・ダイアログの場合は、ダイアログが表示されている間、親フレーム(ダイアログ)への入力が禁止されます。3番目の引数を省略すると、モーダルでないダイアログが作成されます。1番目の引数は省略できませんが、「null」を使用することにより、親のないダイアログを作成する事が可能となります。

ダイアログへのコンポーネントの追加は「JFrame」と全く同じです。

dialog.getContentPane().add(new JLabel("label"),BorderLayout.CENTER);

ダイアログの表示には「show」メソッドを使用します。

dialog.show();

(実習課題1)

以下のプログラムを作成しなさい。

  • ウィンドウに表示されるコンポーネントはリストと「追加」メニュー
  • リストには10以上の都市の名前がリストアップされている事。
  • 「追加」メニューを選択すると、追加内容を入力するためのモーダル・ダイアログを表示する。
  • 入力後に、ダイアログの「追加」ボタンを押すと、リストにその内容が追加されるようにする事。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ