目次へ

14. テーブル

14.1. javax.swing.JTable

「JTable」はテーブルを表示するコンポーネントです。最も簡単な作成方法は以下のとおりで、第1引数にテーブルの行数、第2引数で列数を指定します。

JTable table=new JTable(5,5);
getContentPane().add(new JScrollPane(table),BorderLayout.CENTER);
「JTable」イメージ

以下のように配列をしようしてテーブルの初期値を設定する方法もあります。

String data[][]=new String[5][5];
...
 
String column[]=new String[5];
...
 

JTable table=new JTable(data,column);
「JTable」イメージ2

第1引数がテーブル内のデータ、第2引数がカラムのデータです。どちらも引数の型は「Object」クラスの配列ですので、例のように「String」クラスの配列である必要はありません。

「JTable」はスクロール機能を持たないので、「JScrollPane」と共に使用するのが普通です。使用しなかった場合は、テーブルの一番上のカラムが表示されなくなるので注意が必要です。

(実習課題1)

上図のウィンドウを表示するプログラムを作成しなさい。

解答例はこちら

↑このページの先頭へ

こちらもチェック!

PR
  • XMLDB.jp
  • シナジーマーケティング研究開発グループブログ